北部タイのミツバチは元気そのものです。

タイは快適な気候、1年中花が咲き、元気なミツバチたちがローヤルゼリーを創ります。

タイにいるミツバチの主な種類は、

「プン・ルアン(オオミツバチ)体長約1.8cm

「プン・プローン(東洋イツバチ)」

「プン・プローン・ファラン(西洋ミツバチ)」

「プン・ミン(採蜜しない)」

「チャナローン(ハリナシミツバチ)」など。

一般的に養蜂されているのは西洋ミツバチ。

西洋ミツバチの飼育の適温は20℃以上で、北部タイは最適な環境。

1年中花が咲き、果樹園も多いのでミツバチ達にとって楽園といえます


プン・ルアン(オオミツバチ)の巣

写真の茶色いものは何でしょうか?なんと、これはミツバチの集団なのです。

タイにいるミツバチの主な種類は、「プン・ルアン(オオミツバチ)体長約1.8cm」「プン・プローン(東洋イツバチ)」「プン・プローン・ファラン(西洋ミツバチ)」「プン・ミン(採蜜しない)」「チャナローン(ハリナシミツバチ)」など。一般的に養蜂されているのは西洋ミツバチ。西洋ミツバチの飼育の適温は20℃以上で、北部タイは最適な環境。1年中花が咲き、果樹園も多いのでミツバチ達にとって楽園といえます。


ミツバチは「群」で生活し、皆で分業して支えあっているのです。

ミツバチの巣は森の中に限らず、市街地の高い木の枝にもつくります。オオミツバチというくらいですからとても大きな巣になります。プン・ルアンは2月ごろから巣を作り始め、15日くらいですが完成しますが、最初の1カ月はまだ蜜が少なく、45月位が採蜜に最適になります。


高所にある巣のミツバチは気が荒いと言われ、採取の時は雨が2日続いたら採取は見送ることだと言われます。理由は簡単でこれも気が荒くなるためです。

巣の採取はその道のプロがするそうで、慣れない人がやると大けがをするそうです。その道のプロは長袖シャツを4重に、ジーンズは2重に着て頭には剣道の防具のような面をつけ防備をします。


高い木に登るには、竹の杭を木に打ち込み、杭を足がかりにして一斗缶を背負い、登っていきます。巣に近づいたらたいまつに火をつけ、もくもくと上がる煙で燻すとブーンとものすごい羽音と共に茶色だった巣が見る間に白くなります。遠くから見て茶色だと思っていた巣は、表面を覆っていた働き蜂だったのです

濃厚なハチミツは水あめのようで、スプーンでとり、口にほおばってもすぐに溶けない程です。これはたまらないおいしさなのです。



ローヤルゼリー販売
ローヤルゼリーの40種類以上の栄養成分
タイ産ローヤルゼリー
ローヤルゼリー採取
ローヤルゼリー効果
生命の源 食事と栄養素
更年期障害と生ローヤルゼリー
冷え性と生ローヤルゼリー
高血圧と生ローヤルゼリー
糖尿病と生ローヤルゼリー
骨粗しょう症と生ローヤルゼリー
お問い合わせ
ローヤルゼリーのつくられ方
タイ古式マッサージ
タイ観光、微笑みと癒しの国、温泉もある