北部タイの快適な気候。ミツバチにも人にも優しいのです。

タイの北部に位置するチェンマイは熱帯性モンスーン気候です。北部タイ・チェンマイは標高300mの地域にあり、また、周辺は自然豊かな土地であり、バンコクのあの蒸し暑さはありません。チェンマイはタイ第二の都市ですが、街を出ると山岳地帯が控え、山岳民族たちが多く暮らす山岳地方など、平地よりも標高の高い場所は比較的気温も低く、涼しく感じます。また、乾季になると朝夜の気温はバンコクと比べても低く、肌寒く感じます。さらに奥に入ると乾季に氷も張ると言われます。乾季には長袖が必要になるなど日本では考えられない快適なエリアです。

北部タイのシーズンは3シーズン。乾季、暑季、雨季。

年間平均気温と季節

チェンマイでは1日の最高気温は2835度、最低気温は1424度ぐらい。季節は3つに分かれていて、乾季は113月、暑季は35月、雨季は511月となっています。

チェンマイ、タイ人には寒い乾季(11月~3月)


乾季、雨も降らず、気温、湿度も高くなりすぎず、旅行には最適のシーズンが乾季。12月から1月中旬あたりは寒暖の差が激しく朝晩にタイ人はセーターを着ている人もいます。

オートバイを運転するときにはジャンパーが定番です。タイ人は雨には強いのですが、寒さにはとても弱いのです。

日本人もこの時期は寒さに用心するとよいでしょう。


暑季(3~5月) 暑さも日本の蒸し暑さはありませんから楽です。

3月下旬からどんどん気温が上がり、4月に入るととにかく暑く、日差しも肌を刺すような強さになります。でも、乾燥していますから、バンコクの蒸し暑さとは比較できないくらいです。日陰に入れば快適です。

これはタイ全土共通していることですが、ホテルやレストランなどはエアコンが効きすぎている場合が多いので、薄手のカーディガンや羽織れるシャツは1枚鞄の中に入れておいてください。


代表的な南国フルーツが旬を迎える雨季(5~11月)

1日に12回スコールが降るのが雨季です。日本の梅雨のように1日中降り続くようなことはなく、そのほとんどは通り雨のように数十分から1時間程度集中的に降るタイプの雨です。

スコールが日本でいうところの「ゲリラ豪雨」並またはそれ以上の激しい雨が降ることも多く、その時には傘は何の役にも立ちません。スコールの来る前に風が吹きますからすぐわかります。1時間から2時間で止みますから雨宿りし、のんびり待ちましょう。スコールの後は快適です。ほとんどの場合、午後から夕方の時間帯に降ることが多い

そしてなんと言っても雨季の楽しみはフルーツ。ライチをはじめ、ドリアン、マンゴスチン、ラムヤイなど南国を代表するフルーツのほとんどがこの時期が旬となります。


ローヤルゼリー販売
ローヤルゼリーの40種類以上の栄養成分
タイ産ローヤルゼリー
ローヤルゼリー採取
ローヤルゼリー効果
生命の源 食事と栄養素
更年期障害と生ローヤルゼリー
冷え性と生ローヤルゼリー
高血圧と生ローヤルゼリー
糖尿病と生ローヤルゼリー
骨粗しょう症と生ローヤルゼリー
お問い合わせ
ローヤルゼリーのつくられ方
タイ古式マッサージ
タイ観光、微笑みと癒しの国、温泉もある