北部タイチェンマイ地方でのローヤルゼリー採取

1年中元気なミツバチたちが、生ローヤルゼリーを創りあげる。 「生ローヤルゼリー」の採取は、すべて手作業であり技術と根気のいる作業です。

「生ローヤルゼリー」は、ミツバチが女王蜂を育てるために体内から分泌した物質です。 羽化後15日以内の若い働き蜂が創ります。原材料は花から集める花粉です。 その働き蜂たちが、ビーポーレンと呼ばれる蜂花粉と花の蜜を自らの体内で分解して合成し、咽頭線などから分泌します。

ミツバチの習性として、巣に女王蜂がいない状態になると、働き蜂は孵化して3日以内の幼虫を次の女王蜂として育てるために、「生ローヤルゼリー」を分泌して与え始めます。この習性を活用し幼虫が育つ「王台」を蜂箱に入れ、「生ローヤルゼリー」を貯めていきます。

一つの王台に、「生ローヤルゼリー」が貯まるまでには、約72時間かかります。 その一つの王台から採取できる量は、わずか300mgほどです。 「生ローヤルゼリー」は乳白色のクリーム状です。


ローヤルゼリー販売
ローヤルゼリーの40種類以上の栄養成分
タイ産ローヤルゼリー
ローヤルゼリー採取
ローヤルゼリー効果
生命の源 食事と栄養素
更年期障害と生ローヤルゼリー
冷え性と生ローヤルゼリー
高血圧と生ローヤルゼリー
糖尿病と生ローヤルゼリー
骨粗しょう症と生ローヤルゼリー
お問い合わせ
ローヤルゼリーのつくられ方
タイ古式マッサージ
タイ観光、微笑みと癒しの国、温泉もある