9つの山岳民族が静かに暮らすタイ王国

 

タイ北部の山岳地帯に住む少数民族は「山岳民族」又は一般にタイ語でチャーオ・カオ(山の人)と呼ばれています。山岳民族それぞれが独自の言語、風俗、習慣、信仰をもっています。多くの山岳民族は半遊牧民を起源とし、約200年の間にチベット、中国、ミヤンマー、ラオスから国境を移住をしてきた。現在も越境を繰り返している。迫害から越境してきた民族もあります。

 

大きな区分けで山岳民族は9部族あり、人口は約90万人といわれます。多くの山岳民族は低地域に移動してきていますが、これは伝統的な焼畑農法が規制され、また、アヘン栽培が禁止され、軍により焼き払われ山では生活ができない状況が進んでいることによります。

 

山岳民族は、タイ国内での最低生活水準にあります。その背景は伝統的生活様式にもありますが、多くがタイ語を話すことができないことにもあります。最低生活水準にあることから十分にタイ語を学ぶ機会が得られず、タイ語を話せないことから仕事を得る機会が制限され収入の道が閉ざされていることがあげられます。改善策として教育を受けさせることや、生産技術を習得させる取り組みが行われています。

 

山岳民族への生活改善の取り組みは、多くの山岳民族の生活改善に効果を発揮しています。しかしながら反面、山岳民族の文化的アイデンティティーを脅かし始めており、その文化を守る取り組みも始まっています。

 

ローヤルゼリー販売
ローヤルゼリーの40種類以上の栄養成分
タイ産ローヤルゼリー
ローヤルゼリー採取
ローヤルゼリー効果
生命の源 食事と栄養素
更年期障害と生ローヤルゼリー
冷え性と生ローヤルゼリー
高血圧と生ローヤルゼリー
糖尿病と生ローヤルゼリー
骨粗しょう症と生ローヤルゼリー
お問い合わせ
ローヤルゼリーのつくられ方
タイ古式マッサージ
タイ観光、微笑みと癒しの国、温泉もある