扇風と温度調節

 

巣門の板状で入り口に向かって幾匹かの蜂が翅で風をつくります。この扇風には巣箱内の温度調節や蜂蜜の水分蒸発を目的とするもののほかに、巣箱のありかを仲間に知らせる芳香扇風とに分類できます。

 

夕方の扇風はその日に集めてきた蜜の水分を外に出し濃縮をします。

 

温度調節は正確に行われ、例えば外気温が50℃であっても巣の内部は34℃~35℃を保ちます。

夏、暑くなった巣の内部の温度は、まず扇風により下げられるのですが、それだけでは不十分で、「水冷式冷却法」をおこないます。外から水を運ぶ「給水蜂」から水を受け取った内勤蜂は水を巣房の上部入り口に置くことで温度が下がります。さらにこの付近には多数の蜂がいて口吻を巧みに用いて水を効率よく外気に触れさせて蒸発を助けます。「給水蜂」と「採蜜蜂」とはみごとに分業化され、普段は砂糖水など甘いものに集まる蜂でも給水蜂になると砂糖水よりむしろ水のみを集めます。

ローヤルゼリー販売
ローヤルゼリーの40種類以上の栄養成分
タイ産ローヤルゼリー
ローヤルゼリー採取
ローヤルゼリー効果
生命の源 食事と栄養素
更年期障害と生ローヤルゼリー
冷え性と生ローヤルゼリー
高血圧と生ローヤルゼリー
糖尿病と生ローヤルゼリー
骨粗しょう症と生ローヤルゼリー
お問い合わせ
ローヤルゼリーのつくられ方
タイ古式マッサージ
タイ観光、微笑みと癒しの国、温泉もある